ファミリーPTA

昨日は小学校のファミリーPTAでした

各学年では親子で工作をしたり、エイサーを見たり、講演を聴いたりと普段の授業では体験できないことをします

六年生はまずクラス対抗合唱コンクール
a0292989_1564594.jpg

みんな一生懸命歌います
卒業式のことを考えるとちょっと涙が・・・・

でもここで泣いてはいけません
子供たちに笑われてしまいます

でも感動しました
合唱ってすごいですね

子供の声の清らかさに心が洗われます

「ああ、お母さんたら、ささいなことでイライラしたり、怒ったりしたりごめんなさい」
ちょっといい人になれそうな歌声です


次の時間は高専の先生方をお招きして各クラスで講義と体験授業です

rinのクラスはパソコンを解体
a0292989_1513787.jpg

みんなでドライバーをもってパソコンに群がります
普段見ることのないパソコンの中身です
解体しながら高専の学生さんたちが内部の構造や機能などを詳しく説明してくれました^^

mayuのクラスは光の不思議について
a0292989_15161366.jpg

光が自分に戻ってくるようにアルミ板3枚を用いて班で話し合ったり、光の種類を見分ける装置など実際に工作しながらの勉強です

なにより講師の先生がやさしい笑顔で楽しく説明してくださるのが印象的でした(*^_^*)


そして図工の時間につくったの自画像が展示してありました

mayuの作品
a0292989_1525467.jpg

タイトル「自分の顔」
似てる、似てる^^

rinの作品
a0292989_15264084.jpg

タイトル「あぜん」
これを見た私も「あぜん」

それぞれの個性があっておもしろかったです(^_^)

金子みすずさんも言ってました

「みんなちがって、みんないい」
[PR]
Commented by garnet at 2012-11-05 18:04 x
6年生残りも後5カ月ですね。成長を実感しますね。
mayuちゃん、rin君の作品すごいですね!
「あぜん」というタイトルですか!?面白いです。
ところで、シャツワンピは着て行かれたのですか?
Commented by トリテン at 2012-11-05 20:31 x
ファミリーPTAも、時代が変わると面白いことやってるんですね。高専の先生や学生さんが来られたんですか?
私だってパソコンの中を見たことありませんよ。
見てもわかりませんけど(笑)

rinくんの「あぜん」はすごいタイトルです。
芸術の才能があるのかもしれませんよ。
Commented by nolie-mayurin at 2012-11-06 00:17
garnetさん こんばんは

シャツワンピ着ていきましたよ~
ほかのママたちから「今日はドレッシーね」なんて言われました
寒い日でしたが丈が長いし、リネンなので暖かかったです

一つ一つの学校行事が終わっていくと、「ああ、最後だなぁ」と感慨深いです
そう思うと涙が出そうになります
小学校の6年間は大きく成長する時期ですから特にそう思うのかもしれません
Commented by nolie-mayurin at 2012-11-06 00:28
トリテンさん こんばんは

4年前のファミリーPTAでは日本文理大学のチアリーディングの演技を見ました
毎年PTAの役員さんがいろいろと考えてくださるようです

rinの芸術作品には毎回衝撃を受けます(^^;)
常々rinには「うまくならくていいから、お母さんはあなたの絵がすきよ」と言っております
その甲斐あって今も6年生?と思うようなartが生まれだされます
by nolie-mayurin | 2012-11-05 15:39 | 日常のこと | Comments(4)

handmade作品の紹介と日常の生活の日記です
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30