永遠の永遠の永遠~草間弥生展

昨日はmayu&rinと大分市美術館に行ってきました

九州では大分だけだという草間弥生展に


今回の企画展はいつもとは違います

建物全体が草間弥生ワールドに

a0292989_14414830.jpg
a0292989_14423714.jpg


オブジェだけでなくガラスにもドット柄

展覧会内は写真撮影OKのところも
a0292989_1448865.jpg

「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」

a0292989_14552591.jpg

「水玉強迫」

60年代では「前衛の女王」と呼ばれた草間さん
今回は2005年から2011年の作品を中心に展示されています
1929年生まれなので76歳~82歳の作品です

草間さんといえばドット柄ですが、それ以外の作品が多く、どれも情熱的でエネルギッシュ

芸術的なことはよくわかりませんが
若々しい創作力に脱帽です

そんな彼女の作品に刺激され
私も作品を・・・
a0292989_1457377.jpg

タイトル「ドットとチューボウ」

おそさまつさまでした~
[PR]
Commented by tacky41 at 2013-08-17 08:46
RINくん、笑いました(^^;; 確かにドットな頭です。お子様たち、展覧会を観て何を感じたのかな?中学生の前衛芸術に対する感じ方が知りたいところです。
Commented by nolie-mayurin at 2013-08-17 12:55
「おれにも描ける!」とrin
決して描けませんが・・・(^^;)
芸術は敷居の高いものではなく、自分たちの身近にあるものだと感じてくれたのではないかと思ってます

センスはなくとも感性は大事にはぐくんでほしいです

by nolie-mayurin | 2013-08-15 14:59 | 日常のこと | Comments(2)